理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊 平成28年度秋募集(2016/10/1より募集開始) 体験談&説明会 開催予定日公開!
大阪以外の開催地・日程はこちら→http://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/index.html
 ・梅田
 10月1日(土)14:30~ 阪急グランドビル26階 
 10月6日(木)19:00~ アプローズタワー10階 
 10月13日(木)19:00~ BREEZE BREEZE8階 
 10月22日(土)14:30~ 大阪富国生命ビル12階
 10月28日(金)19:00~ 阪急グランドビル26階
 ・天王寺
 10月8日(土)14:30~ あべのベルタ3階
 10月19日(水)19:00~ あべのベルタ3階
 ・堺
 10月16日(日)14:30~ 堺市立国際交流プラザ6階
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2016年11月30日水曜日

【WCPT News】完全版 2016/11/29 HIVリハビリテーションの新たな可能性

【完全版】

 HIVと共に生きる人が増え、そして長い経過をたどる疾患になったことで、理学療法士の役割がより大きくなってきています。

 トロント大学理学療法学部のステファニー・ニクソン准教授は来年のWCPTケープタウン大会でシンポジウムを行います。

 彼女からのメッセージです。「HIV患者に対する理学療法のニーズが増してきています。それはHIVが今や慢性疾患になったからです。」この事に関してはシンポジウムで取り上げられるでしょう。

 「理学療法士の多くはこの分野は自分の専門外だと思っています。能力開発がまさに必要です。リーダーシップが求められています。すでに持っている技術を使えば、HIVを持つ大人や子供にとって素晴らしい理学療法士になれるでしょう。さらなるステップを踏み出す時です。」

 さらにニクソン准教授は「免疫システムが侵されるということは、全身のいたる所が感染しやすい、ということです。たとえ神経系のリハビリテーションに携わっていてHIVとは縁がないと思っていても、HIV患者はきっとあなたのところへ訪れることがあるでしょう。他のどのような領域で働いていてもそうです。」と加えました。

 HIV患者の手助けができるのではないかと考える理学療法士は増えています。イギリスではニクソン准教授はダレン・ブラウン氏の取り組みに注目しています。ブラウン氏はHIV、腫瘍学、緩和ケアを専門に、ロンドンのチェルシー&ウエストミンスター病院で働いています。彼のコブラー・リハビリテーション教室はグループリハ的な介入を行っており、理学療法の効果や価値を、患者を全人的に捉えて長期的に経過を追うことで示してきました。

 「ダレンのプログラムでは1対1の臨床ケアが行われますが、同時に対象者を全人的に捉えます。教室ではグループで行われ、具体的な機能障害に対応するのと同時に、対象者とその周りの人とのつながりをも考えます。彼は四肢や臓器レベルで起こった問題に対処しますが、同時に機能障害がその人の活動や参加レベルでどのような影響を与えているのか、あらゆる面から対処します。」とニクソン准教授は言いました。

 東ヨーロッパやアフリカ南部ではHIVが流行していることから、研究や長期調査が行われている。ヨハネスブルクにあるウィットウォーターストランド大学のジョアンヌ・ポッタートン理学療法士は、生まれつきHIV陽性の子供に対するケアをどのように発展させていくかを示した研究に、ニクソン准教授は注目しています。

 「ジョアンヌは長年、小児のリハビリテーションに携わってきました。生まれつきHIVを持つ子供におけるHIVの影響について数多くの研究結果を報告しています。ここ10年でアフリカ南部にもHIVの治療がいきわたるようになってきたので、そのような子供たちの成長をしっかり見ることができるようになりました。以前なら不可能でした。

 医学により寿命が延びた、そしてリハビリテーションによって健康寿命が延びた、とよく言われます。文字通り、それが成し遂げられました。この疾患の理学療法の過渡期において、これまで以上に必要性が増しています。」


【用語解説】

・ステファニー・ニクソン
 カナダ人理学療法士。HIV活動家として20年間、研究を行ってきた。

・HIVとリハビリテーション
 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染しAIDSを引き起こす。AIDS関連の死亡は2004年のピーク時よりも42%減少したという。つまり慢性疾患へと移り変わってきたことで、新たに若い人が感染するケースが増えてきている。HIVによる障害は全身の各器官に及ぶため、神経系や、呼吸器系、筋骨格系などの機能障害が生じる。また参加制限や、episodic disability(予想不可能な状態の変化に伴う能力低下。つまり、良いときもあれば悪いときもある能力障害)も生じる。
 このepisodic disabilityという用語は、ニクソン女史のシンポジウムでのキーワードになっている。

・全人的
 障害だけを見るのではなく、その人全体、つまり、身体面、社会面、経済面などを総合してみること。


【使われていた英語表現】

・people living with HIV
 HIVとともに生活している人々
 日本語でも障害者→障がい者、分裂病→統合失調症、痴呆症→認知症、など、障害当事者の方への配慮が、言葉の上でもなされている。英語でも、the disabled→disabled people→people with health conditionsや、wheelchair-bound→wheelchair userなど、言葉の上での配慮がなされる。

・transition
 〈名詞〉移り変わり、過渡期
 〈動詞〉移り変わる

・compromise
 〈名詞〉和解、妥協、折衷
 〈動詞〉和解する、妥協する、(名声などを)汚す、傷つける
 *compromised:感染しやすい

・immune system
 免疫系

・be vulnerable to
 ~を受けやすい

・whole-person approach
 全人的アプローチ

・one-on-one
一対一の

・prevalence
 流行、普及

・be born HIV-positive
 生まれつきHIVが陽性な

・a good ten years
 たっぷり十年

・more now than ever
 今まで以上に


【あとがき】

 11月はWCPTニュースの配信が1件でした。油断して見落としそうでした。最後の段落のAnd yet you rarely・・・roles around HIV.が訳せませんでした。policy tableとかresearch funding tableとかは何かの比喩でしょうか? どなたか分かるかたがいらっしゃればご教授ください。
 HIV患者に対するリハビリテーション。日本はHIVに関する社会の関心が低いと指摘されています。社会の問題よりも個人の問題として捉えられている面があります。日本でも新規感染者が増加傾向にあり、今後、理学療法・リハビリテーションが必要なHIV患者が自分と所へ来るかもしれません。本文にも述べられていたように、病気のことを理解すれば、あとは理学療法士として必要な技術はすでに持ち合わせているはずです。HIVに関する社会保障などについても知っておく必要もありますかね。今回もまた興味深い記事でした。

2016年11月1日火曜日

【WCPT News】完全版 2016/10/31 生活習慣改善のための系統的アプローチをロールプレイで学ぶ

【完全版】 2016/11/2更新

 来年のWCPT南アフリカ大会では革新的なセッションが予定されています。ロールプレイで患者に、より健康的な生活を営んでもらうための促し方を学びます。

 このシンポジウムでは、臨床での理由付けスキルを、生物心理社会学的質問法を実践的に学ぶことで強化し、療法士が患者により健康的な生活習慣を送ってもらうよう促すことが可能になります。アン・ソダーランド博士はこのセッションの座長を務めます。彼女はこの心理社会学的アプローチに対する理解が得られてきてはいるが、残念ながら今のところ系統的に実践方法を紹介してきてはいない、と説明しました。

 ソダーランド博士は「今、良いことに意識され始めています。変化の始まりです。ロールプレイでは患者役・療法士役を交代でします。ツールを用いたり、知識を与えたりして出来るだけ具体的になるようにします。これが最も大切なことで、すべき事は分かっていてもどうすればいいのか分からないのです。」と述べています。

 彼女は次のように言っています。「療法士は患者の移動能力や機能障害に注目しすぎます。坐位での行動や軽い身体活動、不健康なライフスタイルが実は解決したいと思っている問題の原因になっているかもしれないのにです。」

 さらに「ほとんどの国では問題を解決するために教育があります。患者は病院に来て、背中を曲げると痛い、と訴えてきます。すると療法士はそれ来たぞと、頭の中であれこれ考え、問診し問題点を挙げていきます。問題を直接解決しようとするため、患者を全人的に分析していないのです。」

 このセッションは大盛況だったシンガポール大会で推進された、健康に基づいた実践能力とエビデンスに基づいた評価ツールを継いでいます。ケープタウン大会でのロールプレイセッションは4つあります。評価ツールの使い方の実演や、心理社会的戦略、そして会員組織がいかに健康促進を臨床や教育に取り入れていくことができるかの詳しい見立ても紹介されます。

 日々の臨床で療法士はさまざまな技術を使い行動を変えようとしています。自己管理や目標設定、フィードバックに関する技術も含まれます。しかし、ソダーランド博士は、それでも十分意識的に個々の患者の利益を最大限にすることはできていないと主張しています。

 「これまで非系統的に行われてきました。理学療法士は自分が何を行っているのか分かっていないのです。例えば、患者に運動日誌を書かせても、そこに事実が反映されていません。しかし、その事実にこそ、患者の行動を変える何かが隠されているのです。もしこれらのことを意識的に行えば、行動変化から得られるものはより多くなるでしょう。」と彼女は語りました。


【用語解説】

・アン・ソダーランド(セーデルルンド)
 スウェーデン出身。彼女が行う行動医学を理学療法に取り入れる研究は、国際的にも珍しい。

・行動医学
 行動と疾患の関係を科学し、応用実践する医療分野。医学と心理学を結びつけて行動を分析する。例えば、喫煙者は座っている時間が長い、など。

・心理社会学的アプローチ
 病気や障害などがどれだけ心理的・社会的インパクトを持っているかを考慮し、生活の活動性を低下させないよう、自信を持たせ、社会との繋がりを維持できるようにする考え方。

・エビデンス情報に基づく実践
 エビデンスに基づく医療evidence-based medicine (EBM)や実践evidence-based practice (EBP)の考え方が、特にインターネットが普及して広く取り入れられるようになった。エビデンスに基づいて最良の医療を提供するという考えだが、それを患者に押し付けてはいけない。何を選択するかは患者の自由であるが、エビデンス情報は全て提供するべきであり、そういった意味でEBPよりもevidence-informed practice (EIP)と言う方がいいかもしれない、として使われている用語。前者は科学尊重、後者は人間尊重の用語と言える。


【使われていた英語表現】

・only +動詞
 残念ながら~

・concrete
 具体的な

・zero in on ~
 ~に注目する

・sedentary behavior
 坐位での行動

・diagnose
 診断。(日本では「診断」は医師の専売特許ですが、英語では疾患や障害の原因を見つけるという意味で使われています。)

・analyse
 分析する

・integrate ~ into ~
 ~を~に統合する

・day-to-day
 日々の

・an array of ~
 ずらりと並んだ~、勢揃いの~

・self-monitoring
 自己管理

・goal-setting
 ゴール設定、目標設定

・reflect on ~
 ~に反映する

・lead to ~
 ~に繋がる


【翻訳作業について】

前記事で紹介した『英文翻訳術』で無生物主語に関して、英文を読みほどいて日本語に翻訳する、というテクニックが書かれていました。それを今回のニュースで応用すると例えば次のようになります。

・The awareness is really there now.
→They are more aware of it now.(今、より認識されるようになってきた。)

・The tendency has been for therapists to zero in on patient's difficulties with mobility.
→Therapists tend to zero in on patient's difficulties with mobility.
→Therapists tend to zero in on how difficultly patients move.(療法士は患者の移動能力に注目しがちだ。)


【あとがき】

やはり翻訳は難しいです。自分で訳した文章を自分で読み直しても、他の人が読んだらどうか、という所まであまり想像できません。用語解説を読んでいただけると内容が分かりやすいかと思います。

【書籍】英文翻訳術

英語科出身で、青年海外協力隊も経験し、外国語と密接に関わってきたこれまでの人生ですが、これからも、もっともっと外国語を仕事に生かしていきたいと思っています。
 例えば、国際学会などでの通訳です。近い将来、日本でPTの国際学会があるかもしれません。その時に、通訳者として活躍できないだろうか、と考えています。また、今やっているWCPT Newsの翻訳もそうですが、日本のPTに有益な外国語で発信されている情報の翻訳も、もっと幅広くしていきたいと思っています。
 通訳も翻訳も、高い語学力が必要なのは同じですが、テクニカルな部分は大きく異なります。通訳・翻訳の学校でも、通訳コースと翻訳コースは完全に分かれています。どちらも同時に勉強するのは難しいでしょう。通学している時間もないので独学になるのですが、まずは今、実際にやっている翻訳の勉強から始めてみようと思い、動き始めました。
 そこで手に入れたのが英文翻訳術 (ちくま学芸文庫)です。いろいろなサイトで翻訳に関する書籍のおススメを探してみたのですが、いろいろな所でこの本が紹介されていましたので購入して読んでみました。多くの例文とともに、翻訳学校の生徒が書いた訳文を著者が添削するという、まるで翻訳学校に通っているかのようなリズムで進んでいきます。この本を読みながら感じたのは、翻訳の世界は、私が思っていたより深く、複雑で、繊細なものだということです。例文を実際に自分が訳してみても、著者のようなキレイな日本語になりません。読み進めていくにつれて、今、このブログで公開しているWCPT Newsがいかに素人訳か、というのが分かってきました。
 実は、この記事を書いている時点では、この本を最後まで読んでいません。じっくり問題を解きながら読み進めています。読み終わっても、何度も参考に読み返すと思います。また、この本の続編である『英語の発想』も次に購入して勉強しようと思います。WCPT Newsの翻訳のレベルが上がってきたら、お褒めのコメントを頂けると幸いです。