理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2018年6月13日水曜日

【WCPT News】2018/5/23 世界リハビリテーション同盟 スイスで発足

世界リハビリテーション同盟(GRA)が5月22日、スイスのジュネーブで発足し、WCPTのEmma Stokes会長が初代副会長に選任されました。

Emma Stokes氏は「今日、WCPTはGRAの設立メンバーとなりました。我々は設立を支える小さなチームの一つとなります。」の述べ、以下のように続けました。

「理学療法や理学療法士はリハビリテーションを提供する重要な存在です。WCPTは世界中の人々が経済的困難なしに必要な時に質の高いニーズに合ったリハビリテーションを受けてもらえるよう、世界中の国と協力していくと今日誓いました。」

「我々はこれによりWHOが発表したRehabilitation 2030 Call for Actionの実現を目指します。我々だけの力よりも大きなインパクトをもたらすことができるでしょう。」

「GRAは2017年2月にWHOのステークホルダー会議【Rehabilitation 2030: A Call for Action】を受けて発足しました。その時からWCPTは他のステークホルダー機関と協力して、世界中のリハビリテーションの発展のために、国際団体の立ち上げに尽力してきました。」

WCPTのJonathon Kruger氏は「戦略的同盟の誕生により、WCPTはメンバー機関の国際的な働きをより効果的になるようサポートできるようになるでしょう。」と述べました。
GRAの使命は、ニーズに合ったリハビリテーションを、システム強化により提供することで、質が高く負担できる価格を目指すことです。WHOと戦略的パートナーとなり活動していくことになります。

GRAは世界の保健制度や社会保障制度におけるリハビリテーションの強化を共に推進するプラットフォームとなるでしょう。多くの組織がそのような目標を掲げて、サービスの受け易さや質、マンパワーの確保、情報収集などの改善を行っています。GRAはネットワークの構築や協賛者を集め、これらの取り組みをさらに進めていきます。

世界リハビリテーション同盟(GRA)開設メンバー

会長:Thierry Regenass
副会長:Emma K. Stokes
副会長:Christoph Gutenbrunner
秘書官:Karsten Dreinhofer
会計官:Jan Monsbakken
選任理事:Stephanie Clarke, Pierre Cote, Isabelle Urseau


GRAを構成する機関

American Speech-Language-Hearing Association (ASHA)
Dementia Alliance International
Global Alliance for Musculoskeletal Health (GMusc)
Humanity & Inclusion (HI)
International Council of Nurses (ICN)
International Committee of the Red Cross (ICRC)
ICRC MoveAbility Foundation
International Society for Prosthetics and Orthotics (ISPO)
International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM)
International Spinal Cord Society (ISCoS)
World Confederation for Physical Therapy (WCPT)
World Federation for NeuroRehabilitation (WFNR)
World Federation for Occupational Therapy (WFOT)
World Federation of Chiropractic (WFC)

2018年5月9日水曜日

【WCPT News】2018/5/9 論文アブストラクト投稿時の秘訣

アブストラクトを提出する際のコツを、英語、フランス語、スペイン語、アラビア語で紹介します。

学術大会のプログラム委員会のメンバーが、WCPT学術大会に向けて、それぞれの考えるアブストラクト投稿時に秘訣について、下のビデオで話をしています。

ビデオで紹介されている内容が、アブストラクト投稿までの道のりのヒントとなり、あなたのアブストラクトをより良いものにしてくれるでしょう。

さらに、WCPTは、国内に研究機関やそのネットワークがない会員や、英語を母国語としない会員、アブストラクトを書くのが初めての会員に対して、指導を行う体勢を整えています。(WCPTメンタリングプログラム

Jackie Whittaker(英語)


Lara Allett(フランス語)


Edgar Hernandez(スペイン語)


Alia Alghwiri(アラビア語)



【使われていた英語表現】

・submission
 提出。投稿。論文投稿。

・tip
 コツ。秘訣。ヒント
 例) tips on~:~のコツ
 例) tips for~:~のコツ

・be new to ~
 ~に慣れていない。~をよく知らない。


【訳者あとがき】

メンタリングプログラムは非常に魅力的だと思いました。学会で発表する・しないに関わらず、メンタリングプログラムを活用してアブストラクトの書き方や英語表現などをチェックしてくれる制度のようです。
英語を添削してもらう有料のサービスは多々ありますが、このWCPTの無料のサービスは活用しない理由はないと思います。

2018年5月2日水曜日

【WCPT News】2018/5/2 WCPT学術大会2021はドバイに決定

2021年のWCPT学術大会はドバイで行われることになりました。主催はエミレイツ理学療法協会です。

WCPTのEmma Stokes会長は今日、エミレイツ(首長国)理学療法協会が、次の学術大会のホストに選ばれたことをニュースで祝福しました。

2007年にWCPTのメンバー組織となったエミレイツ理学療法協会は、ホストに立候補し現地視察を受け、学術大会を開催するのに非常によいロケーションであると判断されました。

「エミレイツ理学療法協会はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに本拠地を構え、そこはヨーロッパやアジア、アフリカを繋げる好立地です」とEmma氏は述べています。

「ケープタウンの時のように再び、今まで学術大会を行ったことのない土地で世界中の理学療法士が集まることができます。湾岸諸国では初めての開催となり、エミレイツ理学療法協会にはお祝い申し上げるとともに、開催を心待ちにしています」

「エミレイツ理学療法協会は2021WCPT学術大会のホストに選ばれたことを誇りに思います」とAmal Alshamlan会長は述べています。

「名声のあるイベントをドバイで行うための道のりは戦略的でした。学術大会を開催し、UAEの理学療法の認識は大きく変わるだろうと思います。準備の段階でもうすでに興奮を抑えきれません。」

ドバイはUAEで最も大きく人口の多い都市です。ペルシャ湾の南東の海岸沿いに位置しています。WCPT学術大会では2000人以上の理学療法士が、この美しい水平線と最先端建築で知られるドバイに集まり、世界クラスのプログラムで最新の研究や開発と出会い、多いに意見交換されるでしょう。

WCPT学術大会は2年おきに開催されるようになりました。大盛況だったケープタウン大会は2017年に開催され、次のジュネーブ大会は2019年5月10~13日に開催予定です。

2016年にはシンガポール大会(2015年開催)がシンガポール観光賞の学会部門で最高を獲得しました。

2017年のケープタウン大会はアフリカやそのコミュニティーに大きな利益をもたらし、これによりまた賞を受けています。


【使われていた英語表現】

・emirates
 首長国
 参考) アラブ首長国連邦 the United Arab Emirates

・distinctive
 特色のある

・gulf 
  湾
 参考) the Gulf ペルシャ湾

・bid 
  (名) 努力
 参考) make a bid for ~ ~に, 対して努力する、make a bid to do ~~するよう勧誘する

・host
 主催国を務める

・prestigious 
 名声のある

・populous 
  人口の多い、人口密度の高い


【訳者あとがき】

7月から参加申込みが始まるようです。参加費が毎回なかなかの高額なので、今回もそうでしょう。FACEBOOKの書き込みを見ているとUAEに入国できない国の理学療法士もいるようで、国際学会となるとこういう問題もあるのかと知りました。

【WCPT News】2017/4/30 SUDAプロジェクトの成功を祝う

WCPTはワシントンDCのキャピトルヒルを訪れ、SUDAプロジェクトの成果報告をしました。

SUDAプロジェクトは西アフリカの紛争地域でリハビリテーションが必要な人々の生活を変えるために行われました。このプロジェクトでは、Leahy War Victims Fundと言うPatrick Leahyアメリカ上院議員が計画したUSAIDのプログラムと、アメリカ議会からの資金援助で行われました。

WCPTのEmma Stokes会長とJonathon Kruger CEOはアメリカ理学療法協会(APTA)の幹部とともに、会合でLeahy War Victims Fundの代表者へ、援助に対して感謝の意を伝えました。

SUDAプロジェクトでは、マリ、ニジェール、セネガルといった紛争が蔓延する国の理学療法を強化するため、それらの国の理学療法協会と協力してWCPTは活動しました。また教育プログラムの内容や質を向上させる活動をしたり、他の資源が乏しい国でも活用できるような能力開発型モデルを確立させました。

The Leahy War Victims Fundは紛争中の国の障害者に援助を行っており、SUDAプロジェクトでは120万ドルの援助をしました。Emma Stokes会長とJonathon Kruger CEOはこのプログラムの責任者へ感謝の意を伝えると共に、この経験を他の国でも活かすための案を提示しました。

「この会合でSUDAプロジェクトの振り返りができ、現経営陣が将来、世界の理学療法の発展に寄与するプロジェクトに再び支援してもらう可能性が広がりました。」とJonathon氏は述べています。

Emma氏は「WCPTは今回のような会合を設けてくれたAPTAのSharon Dunn会長やJustin Moore CEOおよびその仲間に感謝しています。」と言い加えました。

APTAのJustin Elliott政策副部長は「APTAは、WCPTとLeahy上院議員事務所との間を取り持ち、会合が成功したことを嬉しく思っています」と述べました。

「SUDAプロジェクトは誰から見ても大成功です。そして、それはLeahy War Victims Fundのおかげです。APTAとWCPTは今後もともにUSAIDと協力していきます。」

2018年4月28日土曜日

【WCPT News】2018/4/24 WCPT DOVESについて;ボランティアおよび専門家のデータベース

WCPTはDOVEデータベースを刷新し、理学療法コミュニティーの国際的な繋がりを強め、専門的技術の検索や専門職としての発展を国際的に促進しようとしています。

新しくなったWCPTのボランティアおよびエキスパートのデータベース=DOVEデータベースには、WCPTメンバー機関や関係機関を支援することで自身のキャリアを磨きたい人材が登録されており、検索することが可能です。

DOVEデータベースに登録された専門家と、国際保健に高い関心を持つ臨床家が繋がるチャンスがあります。現在、300人以上の理学療法士が登録されており、臨床・教育・研究・政策に関する助言をする下地ができています。

「新しくなったDOVEデータベースは世界の理学療法業界の大きな発展を象徴しています。WCPTが目指す、全会員が世界中のどこにいても繋がりを感じられるコミュニティーを作るという方針を実現させる一つの取り組みです。」とWCPTのEmma Stokes会長はコメントしました。

「データベースを活用して若手からベテラン、臨床家や研究者が世界中の専門家と繋がることができます。すでにDOVEデータベースにより新たな取り組みが開始された例もあり、我々はできるだけ多くの会員がDOVEに登録して頂けるよう促していきたいと思っています。」

DOVEデータベースでは登録者は3つのレベルから自身で選択するようになっています。専門家・経験者・興味あり、の3つです。登録した分野に関してどこまで自分が関わることができるかを選択できます。登録は無料で、登録内容を一般公開または限定公開に設定できす。

2018年4月15日日曜日

【WCPT News】2018/4/13 無効で有害は腰痛治療にストップ

腰痛に関する大規模研究が行われ、有害な治療法を止めさせる必要があると結論付けました。またその症状から起因する能力低下について世界的に広く認識されているとこが分かりました。

Lancetに掲載された論文では、医師に強力な薬剤・オピオイドの処方、注射、不要な手術などの有害で効果に乏しい治療は中止するように求めています。

理学療法士はこの結果に賛同し、エビデンスに基づいた治療法の研究が各国で進めてきました。患者には、効果に乏しい治療法に高額な費用を払うより、活動的なライフスタイルを構築するよう助言するようにしています。

「著者は高所得国のみではなく、中・低所得国でのデータも比較検討しています」と Emma Stokes会長は述べています。

「注目すべきギャップが研究結果と実践の間にありました。これには複雑な背景があり、多角的視点からの解決策を考える必要があります。研究成果を実践に反映させる作業は単純ではないと認識しなければいけません。全世界で努力していくことで時間はかかるが前に進むことができるでしょう。」

腰痛は年齢を問わず発症し、多くの場合は原因不明です。有症率は増えてきており、腰痛を原因とする能力低下は1990年の1.5倍です。最新の研究では病態の複雑さが明らかになってきましたが、一方で腰痛の予防に関する研究成果が乏しいことも問題としています。

「やるべきことはたくさんあります」と論文の共著者Nadine Foster教授は述べています。Foster教授は“腰痛の予防と治療:エビデンス・挑戦・正しい道”を執筆しました。

「患者が症状を自己管理できることと、医療従事者がエビデンスに基づいた治療を提供することに拘ることです。理学療法士やその職能団体がエビデンスに基づいた訓練や生涯学習を取り入れることが必要です。」

身体的に活動的であることが重要だというのは国際徒手理学療法連盟(IFOMPT)会長のKen Olson医師も繰り返し述べています。

Olson会長によると「早期の画像診断やオピオイドの過剰投与は腰痛の問題を悪化させます。しかし、運動習慣や仕事復帰を促していくことや、特別な体操、脊柱のマニピュレーションはエビデンスによる裏付けもあり、効果的です。

論文は世界保健機関(WHO)への要望で締めくくられていました。腰痛による苦しみにもっと目を向けて、予防策などについて国際リーダーとして取り組んでもらいたいとしています。

2018年2月28日水曜日

【EMT News】2018/2/26 ノルウェーがEMT認証を受けたチームとしてリストに加わりました

(2018年2月4日、オルソ) ― 今月、世界保健機関(WHO)の緊急医療チーム(EMT)事務局はノルウェー保健総局のチームをEMT認証しました。これで自立して活動できる緊急医療チームの数が増え、非常時には即座に派遣されます。

ノルウェーのEMTはタイプ1固定型とタイプ1移動型に認定されました。固定型診療所で1日100人以上の外来患者の治療を行ったり、移動型診療による遠隔地での外来診療では1日50人以上の患者に対応できます。タイプ1移動型に認定されたのはこれで3チーム目です。
 
「私たちは認定を受けられたことを非常に誇りに思います。長年のチーム強化の努力が実を結びました。エボラ流行の時の教訓から、私たちは質の高いタイムリーな診療を非常時に提供できるよう準備しておくことが重要だと考えています。」とノルウェー保健総局の局長で主任医官Bjørn Guldvog医師は述べています。
 
保健総局は保健分野での国際協力に積極的です。健康や生活の質を改善する最もよい方法は他国と協力して問題に取り組むことだと認識しています。感染症予防や災害への備えや対応などの課題も同様です。ノルウェーのチームの最近の活動はシエラレオネのエボラ大流行での緊急援助です。
「ノルウェーはスカンジナビア諸国の中では初の認定です。また氷点下環境での活動にも対応できるチームとなっています。認定を受けることができたことはその地域はもちろん世界的にも、災害への備えという側面からも大きな意味を持つでしょう。我々はノルウェーのこの努力と功績を讃えます。」とWHOのEMT事務局長Ian Norton医師は評価の時に訪れたノルウェーで語りました。
 
WHOのEMT事務局で保管している名簿には認証を受けた各国のEMTが記録されており、発災時には素早く行動し、調整が取れるようになっています。被災国は名簿に載っている自立した熟練のチームからの様々な形で援助を受けることができます。

WHO EMT Initiative について
 
2013年、WHOは世界のEMT関係者を招集して認証システムの構築を始めました。最低限備えるべき項目や基本方針を定めました。フィリピンが大きな被害を受けたHaiyan台風や、南アフリカのエボラ、ネパールやエクアドルの地震、バヌアツやフィジーのサイクロンで活用され、多くの命を救い、障害を減らすことができました。訓練を受け自立したチームを抱えるEMTイニシアチブは今や、政府や国・地域にとって、非常事態が起きても頼れる存在となっています。