理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊 平成28年度秋募集(2016/10/1より募集開始) 体験談&説明会 開催予定日公開!
大阪以外の開催地・日程はこちら→http://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/index.html
 ・梅田
 10月1日(土)14:30~ 阪急グランドビル26階 
 10月6日(木)19:00~ アプローズタワー10階 
 10月13日(木)19:00~ BREEZE BREEZE8階 
 10月22日(土)14:30~ 大阪富国生命ビル12階
 10月28日(金)19:00~ 阪急グランドビル26階
 ・天王寺
 10月8日(土)14:30~ あべのベルタ3階
 10月19日(水)19:00~ あべのベルタ3階
 ・堺
 10月16日(日)14:30~ 堺市立国際交流プラザ6階
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2017年9月14日木曜日

【WCPT News】2017/9/13 Lorena Enebral Pérezを偲ぶ

切断患者のリハビリテーションを専門に活躍していたLorena Enebral Pérezがアフガニスタンで患者に射殺されました。理学療法業界は彼女の死を受け、喪に服しています。

Enebral Pérezさん(38歳)は、赤十字リハビリテーションセンターで21歳のポリオ患者を担当していました。その患者が撃った1発の銃弾が彼女の胸に当たりました。すぐにNATO軍の基地キャンプマーモルにある病院に運ばれましたが助けることができませんでした。

銃を撃った犯人は2歳の時から同センターで治療を受けていました。また、もう一人別の男性も逮捕されましたが、彼も患者の一人でした。

動機は明らかになっておらず、抗争グループなどからの犯行声明もありません。紛争地域で活動する理学療法士や人道支援関係者に注意喚起をしています。

「我々、世界中の理学療法士は、Lorena Enebral Pérezのご家族に心からお悔やみを申し上げます。」とWCPTのCEO、Jonathon Krugerは述べました。

「我々の思いは国際赤十字委員会の仲間と同じです。彼らは友人であり同僚である彼女の突然の死の後も、アフガニスタンで仕事を続けています。」

国際赤十字委員会はEnebral Pérezは「活気溢れる笑顔が素敵な人で、技術は高く心遣いもできる理学療法士でした。特に子供の患者に支援をしていました」と声明で追悼しました。

Enebral Pérezはスペイン国籍で、2016年5月からアフガニスタンで活動していました。それより前はマラウイ、エチオピア、タンザニアでも障害者のために活動していました。

「なぜ理学療法士が仕事をしていて銃弾に倒れなければいけないのか理解できない。しかし、世界中でこのような暴力を医療従事者が受けるリスクがあるのが現実なのです。」とJonathon Krugerは言っています。

アフガニスタンでは医療従事者が危害を受けるリスクが最近高まっています。2月には赤十字のスタッフが6名、イスラム国関係の組織に殺害されました。

赤十字は30年以上に渡り7つの整形外科センターをアフガニスタンで運営し、人々の命を救ってきました。赤十字は紛争地域において、自分たちは人道的支援をしている中立的な団体であることを強調して一般に知らせています。

Enebral Pérezの死を受けて発表した声明でも、戦争の被害者をただ救いたいだけだと述べ、最後にこう締めくくりました。「私たちは標的ではない」

【WCPT News】2017/9/11 会長ブログ 仕事のやりがいについて

「スウェーデンで我々は目標を立てました。意見を言える、人々から必要とされる、関係団体からも認められる職能団体を作りたいと思います。」(Stefan Jutterdal)

このメッセージはスウェーデン理学療法協会の現会長Stefan Jutterdalが2015年のWCPTシンガポール大会で述べたものです。Stefanは専門職としてピッピの長靴下のようにもっとならなければならないと提案しました。つまり、責任感を持ち、勇敢になり、想像力を高める必要があるということです。

シンガポールで私はStefanと初めて会いました。非常に優秀な理学療法士であると同時に優秀なリーダーでした。理学療法士が持つ影響力はどのように測ればいいでしょうか。1つの指標としてスウェーデンでは、保健分野における影響力のある人100人のリストが出ています。Stefanは今年、その中の16位に選ばれました。

WCPTメンバー組織のうちいくつが、保健分野で影響力を持ったリーダーがいると答えることができるでしょうか?Stefanにお祝いを述べたとき、今の地位は協会のスタッフや委員の作り上げたチームが素晴らしい働きをしてくれたおかげだと、すぐに彼は言いました。

彼は健康改善研究所という独立した非営利組織がマサチューセッツのケンブリッジにある事を教えてくれました。最良の医療の提供や国境を超えた医療の質の改善を目指しています。

この夏私は、仕事のやりがいや幸福度についての彼らの文書を読ませてもらいました。彼は多忙にも関わらずWCPTの取り組みに役立ちそうな知見を共有するための時間を設けてくれました。

Donald M Berwickは冒頭でこう述べています。「仕事にやりがいや幸福を持ってもらうには、単に優しくするだけではいけません。それは単なる方法です。(中略)希望や自信や安全は患者やその家族に提供すべきものですが、これらは職員自身が仕事に希望や自信を持っていないと湧いてきません。やりがいを持って働くことは治療者として前進していくためには必須要素です。」

その文書では仕事に楽しみややりがいを持たせることの重要性についてエビデンスと共に紹介しています。またその実践方法として4つのステップを示し、理学療法を提供するにあたり応用できる内容も含まれています。

この会長ブログでは、2019年のWCPTジュネーヴ大会までの残り20カ月をどのように進むかを示しています。世界中から集まる理学療法士を祝福し、WCPTの発展に繋がるような話をいろいろ聞きたいと思います。

未来に繋がる話をしてくれるのはいつも年長者とは限りません。ヒーローとはたいてい、ゆっくり歩き、寡黙に働き、裏方を務めるような人です。しかし彼らの方針や献身は関わる皆の生活を変えるものです。

リーダーシップに関する教訓は文献などにまとめられています。今回は理学療法業界における国際的な貢献をしたStefanをお祝いしたいと思います。彼はリーダーシップを取るには象徴性が大切だと私に話してくれました。この事は組織再編に関する書籍でも述べられています。

しかし、私はもっと大切なことはやはり仕事のやりがいや仕事に対する幸福度だと、この1週間ずっと考えています。積極性が増せば、得られる経験も多くなります。やりがいは仕事の面と自分自身の生活の面で、重要な指標となるでしょう。

あとがき
Stefanはこの後、体調を崩されましたが、現在は落ち着いており、じきに復帰できるだろうということです。WCPTは1日も早い回復を願っています。

2017年9月10日日曜日

【WCPT News】2017/9/6 世界理学療法の日 テーマは「生活の中の運動」

今年は「生活の中の運動」をテーマに世界各地でイベント等が行われます。世界理学療法の日に関する資料で、健康を維持するためには運動を行うことが大切だが、18歳以上の成人の26%は十分な運動を行っていないというデータが示されています。

WCPT会長のEmma Stokesは「エビデンスは明快。運動を積極的に行うことは間違いなく健康に不可欠です。しかし、多くの人にとってはなかなか難しいのも事実です。

ライフスタイルや働く環境、遊ぶ環境、学ぶ環境によっては運動と疎遠になりがちな場合があります。しかし忙しい生活の中にも運動を取り入れる簡単な方法がいくつもあります。それを紹介することが今年の世界理学療法の日の目的です。」

世界中をハッシュタグ#worldptdayで繋げた2016年世界理学療法の日の成功に続き、今年も成果が挙げられることを願っています。バングラデシュでは過去最大規模のイベントとして国内65か所で大きな集会が開かれました。

マルタでは高齢者を対象にしたセラピスト監修の運動教室やウォーキングイベントを開催しました。歩数計が配られ、運動や健康に関するアドバイスをしました。

アイスランドでは大学病院が運動教室を行い、Reykjalundurリハビリテーションセンターではプールでの特別教室や、ダンスを用いた特別教室も開きました。

世界理学療法の日は、今年の会長メッセージでも述べられていたように世界保健機関(WHO)のアクションプランと連動しています。

WHOは運動を2つのレベルに分けています。やや速めの歩行やサイクリングなどは通常負荷レベル、走ったり速く泳いだりする運動は強負荷レベルとしています。

「全ての世代の人に運動を促しやる気を出させる力が、世界中に100万人以上いる理学療法士にはあります。」とEmma Stokesは言います。

「たった10人にでも運動の大切さを理解してもらうことができれば、世界的に見れば活動レベルを上げる大きな力となります。今すぐ活動を開始しましょう。」

しかし、世界的には運動不足の割合が思ったほど減少していません。日々の生活の中の運動が、心肺機能の向上や筋力の増強、心血管系の疾患予防や2型糖尿病の予防になる他、精神面にもよい効果を示すことが分かっています。

2017年8月11日金曜日

【WCPT News】2017/7/28 WCPTがハゲタカ出版社に関して注意換気

 論文掲載を約束したり講演依頼をする勧誘メールが理学療法士に送りつけられ、後から高額な料金を請求する悪徳な出版社があるとして、WCPTは注意換気を行っています。

 研究成果を学術誌に掲載したり、学会で発表したりすることは、学術的に非常に重要なことですが、金儲けのためだけのジャーナルやイベントなどが増えてきており、医療従事者が獲物にされています。 

 いわゆる「ハゲタカ出版社」によるジャーナルやイベントの存在は広く認識されつつあります。好条件で近づく怪しい勧誘があれば、きちんと調査したり、きっぱり断りましょう。

 「WCPTやそのメンバー組織のような適切に運営されている団体が、どこの誰かも分からない者に類似組織を作られていることに気づくことがあります。これは悲しいですが現実です。」とWCPTのCEOであるJonathon Krugerは述べています。

 「研究や教育に携わる方は、自分の名前が無断で編集委員やイベント準備委員、発表者などに使われていないか、目を光らせておかなければなりません。」

 ハゲタカジャーナルはスパムメールを使って寄稿の依頼を、理学療法士を含む研究者や教育者に送ってきます。即掲載や、特典付き、などと勧誘してきます。しかし、信頼のある出版社なら行われる査読や編集、アーカイブ化などは行われません。

 ハゲタカ出版社が絡む国際イベントは、北米や西ヨーロッパ、日本、中国などの魅力的な都市で、信頼のある別のイベントと時期を合わせて開催することが多いです。 プログラムは細かく組まれており宣伝もされているのですが、演者の経歴や写真が許可なく使われていることが確認されています。

 このようなイベントのウェブサイトや広告には問い合わせ先が書かれていないことが多く、開催日以降はすぐに閉鎖されます。 カナダやオーストラリアの権威ある出版社をOMICSグループが買収した時には批判が集まりました。

 南アフリカ共和国の栄養士Elizabeth Fourieは「第11回肥満・内分泌学会」という2日間のオーストラリアでのイベントに騙されて参加しました。当日、プログラムに書かれた演者は欠席だと告げられ、発表内容は精査されておらず、多くの論文はテーマとの関連が薄いものでした。

  ハゲタカ出版社によるジャーナル、イベント、メール送信は近年、増加しており、毎日のように教育関係者からスパムメールの報告があります。ハゲタカ学会は「利益目的に科学論文を利用したサイドビジネス」として悲しくも横行しています。それにより研究者は信頼のある認められた学会等で発表する機会を奪われます。

 若い研究者や教育者で、英語を第一言語としない方は特に狙われやすいです。もう気づいているでしょうが、質の低い出版物やイベントに関わると自身の信頼の低下に繋がり、誰も関心を持ってくれなくなるでしょう。

2017年7月28日金曜日

【WCPT News】 2017/7/3 専門分化は全人的医療の妨げになるか

 学会参加者の活発な議論でPTの専門性についての未来像を描くことができました。専門性を高めることにより独自処方を行えるよう前に進んで行くことも視野に入れられました。

 専門職としての役割について議論するセッションでは、専門分化が進むと身動きが取り辛くなるのではないかと恐れる意見がありました。理学療法士は内向きで社会のニーズに縛られた専門分化ではなく、やってみたいことに挑戦していくべきではないでしょうか?

 イギリスの脊髄疾患専門のLaura Finucaneは専門分化が行き過ぎているとの見解を示しています。「私たちは'そんな事できません。私は専門家ですよ'と言った風潮を作ってはいけないと考えています。私たちは複雑に絡み合う問題点を広い視点から考え、全人的に患者を診る必要があります」と述べています。

 Laura Finucaneは、今の医学は総合医と専門医がいてどちらも同等の評価を得ていることから、理学療法もそういう流れになるのではないか、という会場の意見に反対の意を唱えました。全人的に患者を診るためには全体の20%が専門家となり、80%はジェネラリストであるべきだとLaura Finucaneは考えています。

 一方でそれは専門家の重要性を低く見すぎだという意見もあります。ドイツで健康的な生活習慣に関する専門家として働いているHans Hobbelenは、自分がジェネラリストであれば可能な限り、患者を専門家に紹介するよう努めるべきだと考えています。ニュージーランドで理学療法の准教授をしているJon Warrenも同意見で、ジェネラリストが専門家に代わって治療することは危険を伴うので、どこで線引きするか皆で決めておく事が大切だと述べています。

 参加者からは専門分化や先進技術に関してきちんとした定義付けやガイダンスが必要だという意見が多く出ました。これはWCPTの役割だったでしょうか?

 WCPTのEmma Stokes会長はこのテーマに関して様々な意見をまとめた報告書の作成に取りかかっていると話しました。ガイドラインや方針もそれに続いて作成されます。現在の理学療法士の権利を越える展望を持つことが重要だということ、そして世界中の理学療法業界にもこの課題を投げかける必要性も会長は強調していました。

 「よりお互いを高め合うようなガイドラインができれば素晴らしいと思います。」と会長は述べました。

 別のセッションでは、自身の専門分野における処方権の拡大について議論されました。2012年にイギリスで独自に処方できる権利を理学療法士が得たという例が紹介されました。理学療法士が処方権を持つ国はイギリス以外にはまだありません。

 理学療法英国公認協会のNatalie Bestwetherickによると、新たな権利を持つには医師、薬剤師、世論の支持が必須です。また政府とも足並みを揃えて指針を作ることが重要です。

 整形外科領域の人材不足などの問題を解決するためにイギリスではこれまで様々な職域の変更が行われてきました。理学療法士の例の前には看護師が処方権を得ています。

 「国によって事情は異なるので上手く行く場合ばかりではないでしょう。」と彼女は述べました。

2017年7月22日土曜日

JDR(国際緊急援助隊)医療チーム 中級研修

 国際緊急援助隊(JDR)に登録されている人は、登録維持要件の1つに中級研修の受講が含まれています。7/22にJICA東京で実施された「2016-17年度 第三回中級研修」に私は初めて参加させて頂きました。

 なお、導入研修についてはこちら。
(参考)http://lily-international-cooperation.blogspot.jp/2016/12/jdr.html

 この中級研修は2年で3回の研修を1クールとしており、来年度から新たなクールに入ります。新たなクールではtype 2としての派遣をより想定した内容になるそうで、今、研修内容を思案中だそうです。type 2と言えば、やはり私が気になるのは「リハビリテーション機能を持ったチーム」という事です。


 今回の中級研修ではリハビリテーションに関する内容はなく、私はロジスティック班としてエアテント設営・撤収、発電機や焼却炉の取り扱い、ロープワークなどを学びました。焼却炉は800℃以上の高温になるもので、今回、初めてJDRが購入し動かしてみたものでした。皆、講師も受講生も興味深々でした。


 私としてはエアテント設営を再び経験できて、忘れている部分を思い出せて良かったです。また、私たちの班がエアテントを立てた後、外科班が中で模擬手術をしている場面を見学できて、現場のイメージをよりしっかり持つことができました。


 多くの内容は、派遣時に役に立つことはもちろんですが、同時に、自分が被災したときにも非常に有用なものでした。しかし、研修の時だけ練習してもすぐに忘れてしまうので、定期的に思い出すために自主訓練しなければなりません。ロープワークなどは、息子がアウトドアに興味を持ち出せば一緒に遊びながら学べるかなと思いました。

 次の中級研修までは一年弱ほど時間があるそうです。今翻訳を進めているWHOが作成したEMTのためのリハビリテーションマニュアルにも対応した研修を企画していただけるよう、私も頑張ろうと考えています。

 例えば、翻訳してきた内容を参考に考えてみると、

・リハビリテーション専有スペースは作れるか
・リハビリテーション職種を何名配置するか
・リハビリテーションのための資機材にはどのようなものを持っていくか
・持っていった物をどう使うか
・退院支援をどのように行うか
・サイコロジカル・ファーストエイドの知識
・現地医療施設との連携の方法。

 また、細かいテクニカルな部分では、

・術後の早期離床をどのような基準で進めるか
・切断肢の断端形成のための弾性包帯の巻き方の練習
・脊髄損傷や末梢神経損傷の患者に行う神経学的評価の練習
・術後患者などに行う呼吸理学療法の手技の練習
・松葉杖や車椅子などのフィッティングや使い方の指導の練習
・入院患者の褥創予防のためのポジショニングの方法。

 WHOのマニュアルでは、引き継ぎ隊でも同じように援助ができるよう技術・知識の統一が必要とされています。JDRが行う外科治療に対応したリハビリテーション手順を医師と協力して作らなければいけないと思います。リハビリテーション職種というのは、他のどの医療技術者よりも個人の技術・知識レベルの差が大きいと感じています。きちんとJDRのリハビリテーションマニュアルを作成しないと危険な気がします。

 type 2に認証されて最初の中級研修のクールが来年度から始まります。いろいろ協力していけたらと思います。

2017年7月12日水曜日

【WCPT News】2017/7/4 WCPT学術大会は友好を深め、誇りを高め、無事閉幕

 盛大なドラムセッションが開会を告げ、賑やかなその土地のダンスが閉会を飾りました。ケープタウンで行われたWCPT2017学術大会では終わりに近づくに従い、みな専門家としての誇りを高めていきました。

 「皆さん素晴らしい! この学術大会を盛り上げてくださいました」とWCPT会長の Emma Stokesは閉会式で述べました。

 「最も重要なことは、生涯の友をここで得たことです。2年後、10年後、さらには20年後もその先も、このように集まることができるでしょう。そうする中で私たちは成長していくと確信しています。

 初めてアフリカで行われたこの学術大会に関して、南アフリカ理学療法協会の Ina Diener会長は、準備に多くの時間を割き無事本番を成功させることができ、大変満足していると述べています。「素晴らしい経験でした。非常に価値のある時間でした」と言っています。

 WCPTのCEO、Jonathon Krugerは「母なる大地で愛の手の中開催された」とこの学術大会について表現しています。3日間渡り、実りある体験を届けることができました。

 また、健康的なライフスタイルを提案し、慢性疾患を予防・改善する活動をしている WesternCape on Wellness(WoW)を支援するための遺産を南アフリカに残しました。

 閉会式では、BrainBreakエクササイズを行う3つの小学校に賞が贈られました。Ina Dina会長はスポーツシューズを貧しくて買えない人に配布し健康的な生活をしてもらう活動をしているShoes2Moveプロジェクトに13000ランドをプレゼントしました。

 これらの活動団体のダンスクラスが閉会式で、1000人以上の理学療法士を巻き込んで「ビッグWoWダンス」をしました。このダンスで運動を促すよう、WoWの代表者が舞台でリードしました。

 口述およびポスター発表で秀でた者にも閉会式で賞が贈られました。口述発表での受賞したのはカナダのMaxi Miciakの「理学療法研究がもたらす変化」と、オーストラリアのWendy Bowerの「タンゴからの新発想、夜間多尿症の原因検索の新手法」でした。

 ポスター発表では、カナダのIsabele Demersの「発達協調障害の子供への身体活動指導における推奨方法の展望的レビュー」と、スウェーデンのElizabeth Westerdahlの「肺がん術後のハイリスク患者に対する吸息筋トレーニング」が授賞しました。

 次回のWCPT学術大会は2019年、スイスのジュネーブで開催されます。

 「私たちはまた次の学術大会で会えると確信しています。なぜなら、そうすれば私たちは成長できるからです。」とEmma Stokesは述べました。