理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2018年4月15日日曜日

【WCPT News】2018/4/13 無効で有害は腰痛治療にストップ

腰痛に関する大規模研究が行われ、有害な治療法を止めさせる必要があると結論付けました。またその症状から起因する能力低下について世界的に広く認識されているとこが分かりました。

Lancetに掲載された論文では、医師に強力な薬剤・オピオイドの処方、注射、不要な手術などの有害で効果に乏しい治療は中止するように求めています。

理学療法士はこの結果に賛同し、エビデンスに基づいた治療法の研究が各国で進めてきました。患者には、効果に乏しい治療法に高額な費用を払うより、活動的なライフスタイルを構築するよう助言するようにしています。

「著者は高所得国のみではなく、中・低所得国でのデータも比較検討しています」と Emma Stokes会長は述べています。

「注目すべきギャップが研究結果と実践の間にありました。これには複雑な背景があり、多角的視点からの解決策を考える必要があります。研究成果を実践に反映させる作業は単純ではないと認識しなければいけません。全世界で努力していくことで時間はかかるが前に進むことができるでしょう。」

腰痛は年齢を問わず発症し、多くの場合は原因不明です。有症率は増えてきており、腰痛を原因とする能力低下は1990年の1.5倍です。最新の研究では病態の複雑さが明らかになってきましたが、一方で腰痛の予防に関する研究成果が乏しいことも問題としています。

「やるべきことはたくさんあります」と論文の共著者Nadine Foster教授は述べています。Foster教授は“腰痛の予防と治療:エビデンス・挑戦・正しい道”を執筆しました。

「患者が症状を自己管理できることと、医療従事者がエビデンスに基づいた治療を提供することに拘ることです。理学療法士やその職能団体がエビデンスに基づいた訓練や生涯学習を取り入れることが必要です。」

身体的に活動的であることが重要だというのは国際徒手理学療法連盟(IFOMPT)会長のKen Olson医師も繰り返し述べています。

Olson会長によると「早期の画像診断やオピオイドの過剰投与は腰痛の問題を悪化させます。しかし、運動習慣や仕事復帰を促していくことや、特別な体操、脊柱のマニピュレーションはエビデンスによる裏付けもあり、効果的です。

論文は世界保健機関(WHO)への要望で締めくくられていました。腰痛による苦しみにもっと目を向けて、予防策などについて国際リーダーとして取り組んでもらいたいとしています。

2018年2月28日水曜日

【EMT News】2018/2/26 ノルウェーがEMT認証を受けたチームとしてリストに加わりました

(2018年2月4日、オルソ) ― 今月、世界保健機関(WHO)の緊急医療チーム(EMT)事務局はノルウェー保健総局のチームをEMT認証しました。これで自立して活動できる緊急医療チームの数が増え、非常時には即座に派遣されます。

ノルウェーのEMTはタイプ1固定型とタイプ1移動型に認定されました。固定型診療所で1日100人以上の外来患者の治療を行ったり、移動型診療による遠隔地での外来診療では1日50人以上の患者に対応できます。タイプ1移動型に認定されたのはこれで3チーム目です。
 
「私たちは認定を受けられたことを非常に誇りに思います。長年のチーム強化の努力が実を結びました。エボラ流行の時の教訓から、私たちは質の高いタイムリーな診療を非常時に提供できるよう準備しておくことが重要だと考えています。」とノルウェー保健総局の局長で主任医官Bjørn Guldvog医師は述べています。
 
保健総局は保健分野での国際協力に積極的です。健康や生活の質を改善する最もよい方法は他国と協力して問題に取り組むことだと認識しています。感染症予防や災害への備えや対応などの課題も同様です。ノルウェーのチームの最近の活動はシエラレオネのエボラ大流行での緊急援助です。
「ノルウェーはスカンジナビア諸国の中では初の認定です。また氷点下環境での活動にも対応できるチームとなっています。認定を受けることができたことはその地域はもちろん世界的にも、災害への備えという側面からも大きな意味を持つでしょう。我々はノルウェーのこの努力と功績を讃えます。」とWHOのEMT事務局長Ian Norton医師は評価の時に訪れたノルウェーで語りました。
 
WHOのEMT事務局で保管している名簿には認証を受けた各国のEMTが記録されており、発災時には素早く行動し、調整が取れるようになっています。被災国は名簿に載っている自立した熟練のチームからの様々な形で援助を受けることができます。

WHO EMT Initiative について
 
2013年、WHOは世界のEMT関係者を招集して認証システムの構築を始めました。最低限備えるべき項目や基本方針を定めました。フィリピンが大きな被害を受けたHaiyan台風や、南アフリカのエボラ、ネパールやエクアドルの地震、バヌアツやフィジーのサイクロンで活用され、多くの命を救い、障害を減らすことができました。訓練を受け自立したチームを抱えるEMTイニシアチブは今や、政府や国・地域にとって、非常事態が起きても頼れる存在となっています。

2018年1月10日水曜日

【WCPT News 】2018/1/8 ノルウェーでダイレクトアクセス承認

 ノルウェーでは理学療法士にダイレクトアクセスができるようになりました。
 
 ノルウェーでは2001年から制限付きでダイレクトアクセスとセルフリファーラルが認められていましたが、社会保障を利用し返金を求める場合は医師に相談しなければなりませんでした。
 
 2018年1月1日からは、患者が直接、理学療法士を訪れても社会保障の対象になります。(自治体と提携した理学療法士に限り)
 
 「ノルウェー理学療法士にとって、これは歴史的な事です」とノルウェー理学療法士協会のFred Hatlebrekke会長は言っています。
 
 「社会福祉保健省が2014年に公的保健サービスに関する白書を作成した際に、私たちはダイレクトアクセスに関して意見を交わす機会を得ました。社会福祉保健省大臣とも会議でダイレクトアクセスに関して話し合い、ダイレクトアクセスは患者に優しい改革になることを説明しました。」
 
 ダイレクトアクセスの臨床的およびコスト的効果を示す研究が蓄積されてきています。現在、オーストラリア、ブラジル、南アフリカ、スウェーデン、イギリスなどの40ヵ国以上でダイレクトアクセスが認められています。
 
 「ダイレクトアクセスとセルフリファーラルは理学療法士の自律性を示す世界的な動きの1つです。」とWCPTのEmma Stokes会長は述べています。
 
 「ノルウェーで理学療法へのダイレクトアクセスが認められたことで、患者や理学療法士やその他医療関係者に多くの恩恵があるでしょう。」
 
 2006年に徒手療法士に対してダイレクトアクセスが認められて社会保障の対象になった一方で、理学療法士への完全なダイレクトアクセス認可は長年の大きな目標でした。
 
 政府はノルウェー議会(立法府=ストーティング)で話し合いを続けました。2015年に白書が完成し、2017年6月にダイレクトアクセスの議案が承認されました。
 
 WCPTは各国の会員組織にダイレクトアクセスおよびセルフリファーラルを推し進めるよう推奨しています。2011年6月のWCPT第17回定例会議で方針を提示しているので参考にしてください。

2017年11月16日木曜日

【WCPT News】2017/11/7 プログラム検討委員長にCharlotte Häger教授が就任

 WCPT執行部はスウェーデン人理学療法士Charlotte Hägerを2019年ジュネーブ大会のプログラム検討委員長に指命しました。

 Umeå大学・地域医療/リハビリテーション学部のCharlotteは神経筋骨格系の専門で、国内外の会議・学会等で委員を務めた経験があります。

 「委員長に選ばれて光栄に思います。早く世界中の仲間と仕事ができるのを楽しみにしています。」と彼女は述べています。

 Charlotteは1991年のWCPT大会から、毎回欠かさずに参加し、2015年のシンガポール大会と2017年のケープタウン大会では、国際学術委員のメンバーとして働きました。
「Charlotteはスウェーデン理学療法士協会の人望のある方です」とWCPTのCEO、Jonathon Krugerは述べています。

 「WCPTはこんな優秀な方にこの役割を引き受けて頂き、非常に幸運です。学会のプログラムが興味深く、多様性に富み、教育的なものになるよう、我々WCPT職員はCharlotteと共に努力を惜しみません。」

 Charlotteは1980年代から科学的基礎の構築に向けて研究を行っており、1995年に神経生理学で博士号(PhD)を取得しました。彼女は、感覚運動制御の仕組みと運動コントロールについて研究をしており、この業績がSilviaスウェーデン王妃の目に留まったこともあります。

 彼女はWCPTヨーロッパ地区の教育関連ワーキンググループを7期務めました。その間に開催された4回のヨーロッパ地区の学術大会でも準備の段階から貢献してきました。

 「WCPT学術大会は刺激的なイベントです。今後の真の方向性を示してくれます。会場では各国の共通の課題について話し合ったり、文化の違いを認識したり、専門職のあり方についての類似点を発見したりする素晴らしいチャンスです。」

 WCPT学術大会は2019年5月10日から13日までの間、スイスのジュネーブで行われ、同時に総会も行われます。

 会場となる場所は、国際NGOと世界中の理学療法コミュニティーとが集まる絶好の場です。プログラム検討委員会の他のメンバーも近日発表されます。

2017年10月10日火曜日

【WCPT News】2017/10/2 偉大なる二人のデンマーク人から学ぶリーダーシップ

「Inger Brøndstedと申します。デンマーク出身です。」私がIngerと初めて交わした会話はこのように始まりました。その場所はWCPTヨーロッパ地域の総会で、彼女は代表者として意見をする立場でした。WCPT会合でのこのような出会いは今日に繋がっています。

アイルランド理学療法士憲章協会の代表を私が勤め始めた時、何をするにもナーバスになっていました。話すときは早口になってしまっていて、Ingerがこっそり優しくその事を指摘してくれました。

彼女は英語を母国語としない人のためにもっと配慮することを教えてくれました。それからは、WCPT会合で話をする時は、聴衆の中にいるIngerを見ながら、早口になっていたら合図をしてもらっていました。

Ingerはデンマーク理学療法士会の会長で、WCPTでは1999年から2003年執行部で働き、2003年から2007年は副会長を勤めました。

Ingerは先週、亡くなられました。彼女の死を受けて、私はもう一人の偉大なデンマーク人理学療法士、Johnny Kuhr (1957-2014)を思い出します。彼もデンマーク理学療法士会の会長を勤め、2011年から2014年までWCPTの委員をやっていました。Johnnyも私を優しく指導してくれました。

私の知る範囲では、Johnnyは驚くほど優秀で冷静沈着でした。記憶に鮮明に残っていることは、ブルガリアでの講演のことです。そこでの通訳が期待通りのものではなかったのです。スライドが多すぎたことは分かっていましたが、私は開催者に説明を求めようとしていました。Johnnyは私を呼び寄せ、そんなことしても何も変わらないから、とにかくこのまま続けて最善を尽くすことだ、と諭してくれました。

リーダーシップにはいろいろな形があります。この二人の偉大なリーダーのことを思い出していると、二人には直接この話をしたことがないと気づきました。二人からどれだけのことを学んだか、二人は知らないでしょう。私の成長の軌跡を人に話すことは多くなってきましたが、IngerとJohnnyに話すチャンスを逃してしまいました。

Drew DudleyはTEDトークで「毎日のリーダーシップ」という面白く興味深い話をしています。彼が言うには、リーダーシップは頑張っても手の届かない遠い存在のものだというイメージを自分達で作り上げてしまっているとのことです。

私たちは皆、おそらく知らないうちに他人の成長を促しているだろうと彼は考えています。しかし、私のように、成長のきっかけを与えた人と話をすることがないがために、自分自身の能力に気がつかないこともあります。

リーダーシップというのは様々な方法で行われます。リーダーシップとは大きな役割や出来事であると同時に、お互いを成長させる日々の行いでもあります。IngerとJohnnyはデンマークの優秀な理学療法士であると同時に、理学療法業界の世界的なリーダーでもあります。多くの人に影響を与えたきたことに疑いの余地はありません。

IngerとJohnnyはJim Collinsが示した「5段階のリーダーレベル」について、特徴を提示しました。貪欲で、何かおかしな時は自分自身の行いを見直すことができる、そして、上手く行っているときは、周りの人たちの働きを認めることができる、ということが挙げられます。

そのようなリーダーになろうと努力することで、私たちの人生や私たちが関わる人の人生をより良いものにしていけるでしょう。

2017年10月4日水曜日

【WCPT News】2017/9/25 学会参加は大きな転機 奨励金獲得者の声

ケープタウン大会に参加するための奨励金を得た理学療法士は、専門職としてのこれからや、患者治療において大きな変化があったことを喜んでいます。

今年のWCPT学術大会には2000人を越える参加者が集まりました。その中の18人にとっては特に、今後のキャリアに大きく影響するような経験をしたようです。

WCPTや南アフリカ理学療法協会(SASP)は共同で資金を集め、低所得国からの13人の参加希望者に出席チケットのプレゼントをしました。さらに、開催国の二人の理学療法士とSASPの三人のメンバーにも奨励金を用意し参加できるようにしました。

「奨励金のおかげで人間的にも専門職としても成長できたと聞き、非常に喜んでいます。」とProfessional Policy部門のTracy Bury部長が述べています。

「奨励金を得た個人の成長だけでなく、専門性の拡大や患者にもよい影響を与えます。学会参加というプレゼントの恩恵は他にも影響を与えています。」

エチオピア理学療法士協会のHailu Seifu Tsegaye会長は、学会参加した同僚が連邦保健省で報告した理学療法サービスと教育について注目しています。

「非常に優秀な理学療法士に出会うことができました。遠隔教育者としての役割を担うことで自身のキャリアを磨くヒントをもらいました。

他の国の基本方針や登録制度、またいかに質の維持をしているのか等についても学ぶことができました。学会で得た情報を用いて様々な貢献とサービスの質の向上ができるでしょう」と述べています。

筋骨格系の理学療法士としてネパールで唯一の養成校で教鞭を取っているNishchal Ratna Shakyaさんは自然災害時の人道的支援に関する討論セッションでパネリストとして参加しました。

「世界中の様々な優秀な人に囲まれて討論セッションで活発に参加することを、私は非常に誇りに思いました。倫理、権利、リーダーシップのセッションも私に大きな影響を与えました。低所得国でも高所得国でも同じように困難やチャンスがあるのだと知りました。このことは私の働きかたに直接的に変化をもたらすでしょう。

参加者の一人がネパールの教育と仕事に感銘を受け、コンタクトを取ってこられました。彼はフルブライト奨学金に応募し、ここで教育制度について取り組んだり研究を進めていきたいと考えているそうです。」

Corlia Brandt博士はスポーツや神経筋骨格系、およびウイメンズヘルスを専門とする南アフリカの理学療法士です。彼女は学会を次のように振り返ります。「一生に一度あるかないかの感動的で高度な内容を体験しました。世界の秀でた理学療法士たちを前に私は理学療法業界の礎を見たような気がしました。今よりも自分を高めてくれます。

臨床の面から言うと、専門が同じ臨床家とともに技術面でのプレゼンテーションができたことは、私にとって非常に幸運なことでした。学会に参加して研究や教育、臨床の様々な視点を得ることができました。そして、最も良かったことは個別に優秀な理学療法士と交流できたことです。」

ケープタウンで心身障害児に関わっているAnja Ottoは「WCPT学会は間違いなく今までの経験の中で最も刺激的なものでした。ここで得た知見やコネクションは生涯にわたり大切にします。」と述べています。

学生二人が幸運にも参加奨励金を得て、将来の進路を決める材料となる経験をしました。Stellenbosch大学三年生のLizaan Scheepersは夢が叶ったと言っています。

「奨励金を頂けるとメールで知り、夢が叶ったと思いました。この経験を一生大切にするでしょう。他では得られない大きな発見や新たな視点を世界中の理学療法士から学びました。

学会で学んだことを臨床に役立つように詳しくノートにまとめ、同級生と共有できるようにしました。理学療法士として私が成長していくにつれ、学会の内容がよりクリアになってくるでしょう。理学療法士の仲間入りをするのはとても楽しみです。自分がこの分野でいかに貢献していけるか挑戦していきたいです。」

ナイジェリアのBayero大学で教員をしているBashir Belloは、学会をこれまでの経験の中で最も素晴らしいものだったと言っています。

「学会では多くの全く新しい知識や技術を得ました。学会に参加しなければ決して得ることができなかったものです。私の人生は大きく変化しました。個人的にも専門家としてもこの学会は私に変化をもたらしました。」

2017年9月14日木曜日

【WCPT News】2017/9/13 Lorena Enebral Pérezを偲ぶ

切断患者のリハビリテーションを専門に活躍していたLorena Enebral Pérezがアフガニスタンで患者に射殺されました。理学療法業界は彼女の死を受け、喪に服しています。

Enebral Pérezさん(38歳)は、赤十字リハビリテーションセンターで21歳のポリオ患者を担当していました。その患者が撃った1発の銃弾が彼女の胸に当たりました。すぐにNATO軍の基地キャンプマーモルにある病院に運ばれましたが助けることができませんでした。

銃を撃った犯人は2歳の時から同センターで治療を受けていました。また、もう一人別の男性も逮捕されましたが、彼も患者の一人でした。

動機は明らかになっておらず、抗争グループなどからの犯行声明もありません。紛争地域で活動する理学療法士や人道支援関係者に注意喚起をしています。

「我々、世界中の理学療法士は、Lorena Enebral Pérezのご家族に心からお悔やみを申し上げます。」とWCPTのCEO、Jonathon Krugerは述べました。

「我々の思いは国際赤十字委員会の仲間と同じです。彼らは友人であり同僚である彼女の突然の死の後も、アフガニスタンで仕事を続けています。」

国際赤十字委員会はEnebral Pérezは「活気溢れる笑顔が素敵な人で、技術は高く心遣いもできる理学療法士でした。特に子供の患者に支援をしていました」と声明で追悼しました。

Enebral Pérezはスペイン国籍で、2016年5月からアフガニスタンで活動していました。それより前はマラウイ、エチオピア、タンザニアでも障害者のために活動していました。

「なぜ理学療法士が仕事をしていて銃弾に倒れなければいけないのか理解できない。しかし、世界中でこのような暴力を医療従事者が受けるリスクがあるのが現実なのです。」とJonathon Krugerは言っています。

アフガニスタンでは医療従事者が危害を受けるリスクが最近高まっています。2月には赤十字のスタッフが6名、イスラム国関係の組織に殺害されました。

赤十字は30年以上に渡り7つの整形外科センターをアフガニスタンで運営し、人々の命を救ってきました。赤十字は紛争地域において、自分たちは人道的支援をしている中立的な団体であることを強調して一般に知らせています。

Enebral Pérezの死を受けて発表した声明でも、戦争の被害者をただ救いたいだけだと述べ、最後にこう締めくくりました。「私たちは標的ではない」