理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2016年11月1日火曜日

【書籍】英文翻訳術

英語科出身で、青年海外協力隊も経験し、外国語と密接に関わってきたこれまでの人生ですが、これからも、もっともっと外国語を仕事に生かしていきたいと思っています。
 例えば、国際学会などでの通訳です。近い将来、日本でPTの国際学会があるかもしれません。その時に、通訳者として活躍できないだろうか、と考えています。また、今やっているWCPT Newsの翻訳もそうですが、日本のPTに有益な外国語で発信されている情報の翻訳も、もっと幅広くしていきたいと思っています。
 通訳も翻訳も、高い語学力が必要なのは同じですが、テクニカルな部分は大きく異なります。通訳・翻訳の学校でも、通訳コースと翻訳コースは完全に分かれています。どちらも同時に勉強するのは難しいでしょう。通学している時間もないので独学になるのですが、まずは今、実際にやっている翻訳の勉強から始めてみようと思い、動き始めました。
 そこで手に入れたのが英文翻訳術 (ちくま学芸文庫)です。いろいろなサイトで翻訳に関する書籍のおススメを探してみたのですが、いろいろな所でこの本が紹介されていましたので購入して読んでみました。多くの例文とともに、翻訳学校の生徒が書いた訳文を著者が添削するという、まるで翻訳学校に通っているかのようなリズムで進んでいきます。この本を読みながら感じたのは、翻訳の世界は、私が思っていたより深く、複雑で、繊細なものだということです。例文を実際に自分が訳してみても、著者のようなキレイな日本語になりません。読み進めていくにつれて、今、このブログで公開しているWCPT Newsがいかに素人訳か、というのが分かってきました。
 実は、この記事を書いている時点では、この本を最後まで読んでいません。じっくり問題を解きながら読み進めています。読み終わっても、何度も参考に読み返すと思います。また、この本の続編である『英語の発想』も次に購入して勉強しようと思います。WCPT Newsの翻訳のレベルが上がってきたら、お褒めのコメントを頂けると幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿