理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2017年10月4日水曜日

【WCPT News】2017/9/25 学会参加は大きな転機 奨励金獲得者の声

ケープタウン大会に参加するための奨励金を得た理学療法士は、専門職としてのこれからや、患者治療において大きな変化があったことを喜んでいます。

今年のWCPT学術大会には2000人を越える参加者が集まりました。その中の18人にとっては特に、今後のキャリアに大きく影響するような経験をしたようです。

WCPTや南アフリカ理学療法協会(SASP)は共同で資金を集め、低所得国からの13人の参加希望者に出席チケットのプレゼントをしました。さらに、開催国の二人の理学療法士とSASPの三人のメンバーにも奨励金を用意し参加できるようにしました。

「奨励金のおかげで人間的にも専門職としても成長できたと聞き、非常に喜んでいます。」とProfessional Policy部門のTracy Bury部長が述べています。

「奨励金を得た個人の成長だけでなく、専門性の拡大や患者にもよい影響を与えます。学会参加というプレゼントの恩恵は他にも影響を与えています。」

エチオピア理学療法士協会のHailu Seifu Tsegaye会長は、学会参加した同僚が連邦保健省で報告した理学療法サービスと教育について注目しています。

「非常に優秀な理学療法士に出会うことができました。遠隔教育者としての役割を担うことで自身のキャリアを磨くヒントをもらいました。

他の国の基本方針や登録制度、またいかに質の維持をしているのか等についても学ぶことができました。学会で得た情報を用いて様々な貢献とサービスの質の向上ができるでしょう」と述べています。

筋骨格系の理学療法士としてネパールで唯一の養成校で教鞭を取っているNishchal Ratna Shakyaさんは自然災害時の人道的支援に関する討論セッションでパネリストとして参加しました。

「世界中の様々な優秀な人に囲まれて討論セッションで活発に参加することを、私は非常に誇りに思いました。倫理、権利、リーダーシップのセッションも私に大きな影響を与えました。低所得国でも高所得国でも同じように困難やチャンスがあるのだと知りました。このことは私の働きかたに直接的に変化をもたらすでしょう。

参加者の一人がネパールの教育と仕事に感銘を受け、コンタクトを取ってこられました。彼はフルブライト奨学金に応募し、ここで教育制度について取り組んだり研究を進めていきたいと考えているそうです。」

Corlia Brandt博士はスポーツや神経筋骨格系、およびウイメンズヘルスを専門とする南アフリカの理学療法士です。彼女は学会を次のように振り返ります。「一生に一度あるかないかの感動的で高度な内容を体験しました。世界の秀でた理学療法士たちを前に私は理学療法業界の礎を見たような気がしました。今よりも自分を高めてくれます。

臨床の面から言うと、専門が同じ臨床家とともに技術面でのプレゼンテーションができたことは、私にとって非常に幸運なことでした。学会に参加して研究や教育、臨床の様々な視点を得ることができました。そして、最も良かったことは個別に優秀な理学療法士と交流できたことです。」

ケープタウンで心身障害児に関わっているAnja Ottoは「WCPT学会は間違いなく今までの経験の中で最も刺激的なものでした。ここで得た知見やコネクションは生涯にわたり大切にします。」と述べています。

学生二人が幸運にも参加奨励金を得て、将来の進路を決める材料となる経験をしました。Stellenbosch大学三年生のLizaan Scheepersは夢が叶ったと言っています。

「奨励金を頂けるとメールで知り、夢が叶ったと思いました。この経験を一生大切にするでしょう。他では得られない大きな発見や新たな視点を世界中の理学療法士から学びました。

学会で学んだことを臨床に役立つように詳しくノートにまとめ、同級生と共有できるようにしました。理学療法士として私が成長していくにつれ、学会の内容がよりクリアになってくるでしょう。理学療法士の仲間入りをするのはとても楽しみです。自分がこの分野でいかに貢献していけるか挑戦していきたいです。」

ナイジェリアのBayero大学で教員をしているBashir Belloは、学会をこれまでの経験の中で最も素晴らしいものだったと言っています。

「学会では多くの全く新しい知識や技術を得ました。学会に参加しなければ決して得ることができなかったものです。私の人生は大きく変化しました。個人的にも専門家としてもこの学会は私に変化をもたらしました。」

0 件のコメント:

コメントを投稿