理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2018年6月25日月曜日

【WCPT News】2018/5/29 WCPTーICRC 長期連携協定結ぶ

WCPTは国際赤十字委員会(ICRC)と、長期的協力関係を結ぶための覚書に署名しました。

WCPTのEmma Stokes会長は次のように述べています。

「これまで長きに渡りWCPTはICRCと協力して活動をしてきましたが、正式にこのような覚書を締結するのは初めてです。これにより正式な協力関係を築くことができましたので、理学療法が不足している国や地域の、より良い新たな未来の兆しが見えてきました。」

WCPTとICRCはこれまでも世界の理学療法や身体的リハビリテーションの発展に尽力してきましたが、 今後も共に卒前・卒後教育や各国の理学療法協会のサポートを続けていきます。

2011年からWCPTとICRCは様々な課題に共に取り組んできました。WCPTメンバー機関のない国での新たな理学療法団体の設立をサポートしたり、研修施設のカリキュラムや質の発展に働きかけたり、理学療法アシスタントを育成してサービス提供ができるようにしたりしてきたのはその例です。

2014年には「Health Care in Danger project」の活動でWCPTとICRCは共に仕事をしました。

WCPT-ICRC間の覚書により、WCPTの基本方針は広く知られるようになり、理学療法の質も改善するでしょう。また理学療法士やその関係団体の役割・責任は明確化され、ICRCとの協力関係は発展・促進されていくでしょう。

国際的な点では、この協力関係により、WCPTが情報をまだあまり持っていない国の理学療法が発展していくでしょうし、国・地域レベルでは質の高い理学療法サービスを促進するよう国内理学療法団体に働きかけることになるでしょう。また、研修や情報収集、人材関係などの特定の分野での協力も増えていくでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿