理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2016年10月13日木曜日

【WCPT News】完全版 2016/10/12 ケープタウン大会 無料招待者 抽選で決まる

(2016/10/13)完全版に更新しました。

【完全版】

 ノルウェーのマリット・クリスティアンセンさんと、シンガポールのマルコス・チョンさんが、来年の南アフリカでの学会の参加費が無料になる権利を得ました。
 ノルウェーのクリスティアンセンさんと、クイーンズランド大学理学療法学科2年生のチョンさんは参加登録者から無作為に選ばれ、支払われた参加費がこれから返還されます。
 チョンさんは「本当に嬉しいです。払った参加費が還ってくるなんて非常に幸運だと思います。目を開かされるような経験と、世界のトップ理学療法士たちと共に過ごす時間を楽しみにしています。」と述べました。
 今日の理学療法業界が直面している最も熱いトピックスについてシンポジウムでお話いただく国際的な講演者がすでに100人以上決まっています。初めての学術大会参加となるチョンさんは、理学療法が世の中の役にどのように立つのかを学ぶことを楽しみにしています。また、これから待ち受ける課題にどのように専門性が生かせるかを知るため、同志との出会いにも期待をしています。
 彼はこうも言っています。「未来の理学療法士として私たちが抱える課題やチャンスに私は最もわくわくしています。個人においても団体においても学術集会や会議は発展に大きく寄与します。理学療法に関して最も情熱がある聡明な人たちと学んだり、ネットワークを形成したりすることは、間違いなく自身を駆り立てる経験となるでしょう。」
 大会プログラムはディーナ・ブルック教授と国際科学委員会の指導のもと拡がり続けています。臨床家、管理者、研究者、教育者、学生の全ての者がこの学術大会に関わりが持てるよう、彼らの幅広い経験が生かされるでしょう。
 当選者の発表は、WCPTシンガポール大会が賞を受けたすぐ後にありました。参加登録は受付中です。抄録の提出期限は早くも10月31日に迫っています。


【使われていた英語表現】

・at random
無作為に

・draw
抽選、くじ引き

・under the guidance of
~の指導のもと

・be relevant to
~と関係がある


【あとがき】

 抽選で参加費無料!なんて制度があるんですね。まったく知りませんでした。
 参加費は会員で早割期間に申し込めば、3日間で700USドルです。7万円ほどです。当日申込になると1080USドルなので10万円以上ですね。そもそも当日、そんな大金を持って南アフリカを歩けません。治安のことを考えると参加する人は絶対に事前に支払いをしておくべきです。
 あと、内容と関係ないですが、WCPT Newsの更新頻度が高いですね。なかなか慌ただしいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿