理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2018年5月2日水曜日

【WCPT News】2017/4/30 SUDAプロジェクトの成功を祝う

WCPTはワシントンDCのキャピトルヒルを訪れ、SUDAプロジェクトの成果報告をしました。

SUDAプロジェクトは西アフリカの紛争地域でリハビリテーションが必要な人々の生活を変えるために行われました。このプロジェクトでは、Leahy War Victims Fundと言うPatrick Leahyアメリカ上院議員が計画したUSAIDのプログラムと、アメリカ議会からの資金援助で行われました。

WCPTのEmma Stokes会長とJonathon Kruger CEOはアメリカ理学療法協会(APTA)の幹部とともに、会合でLeahy War Victims Fundの代表者へ、援助に対して感謝の意を伝えました。

SUDAプロジェクトでは、マリ、ニジェール、セネガルといった紛争が蔓延する国の理学療法を強化するため、それらの国の理学療法協会と協力してWCPTは活動しました。また教育プログラムの内容や質を向上させる活動をしたり、他の資源が乏しい国でも活用できるような能力開発型モデルを確立させました。

The Leahy War Victims Fundは紛争中の国の障害者に援助を行っており、SUDAプロジェクトでは120万ドルの援助をしました。Emma Stokes会長とJonathon Kruger CEOはこのプログラムの責任者へ感謝の意を伝えると共に、この経験を他の国でも活かすための案を提示しました。

「この会合でSUDAプロジェクトの振り返りができ、現経営陣が将来、世界の理学療法の発展に寄与するプロジェクトに再び支援してもらう可能性が広がりました。」とJonathon氏は述べています。

Emma氏は「WCPTは今回のような会合を設けてくれたAPTAのSharon Dunn会長やJustin Moore CEOおよびその仲間に感謝しています。」と言い加えました。

APTAのJustin Elliott政策副部長は「APTAは、WCPTとLeahy上院議員事務所との間を取り持ち、会合が成功したことを嬉しく思っています」と述べました。

「SUDAプロジェクトは誰から見ても大成功です。そして、それはLeahy War Victims Fundのおかげです。APTAとWCPTは今後もともにUSAIDと協力していきます。」

0 件のコメント:

コメントを投稿