理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2011年4月10日日曜日

駒ヶ根市

 長野県駒ヶ根市には、JICAボランティア(青年海外協力隊:JOCV、シニアボランティア)の訓練施設があります。1974年、つまりJOCV事業が始まって14年後に開設されました。その6年前には東京に広尾訓練所が開設されており、当時はこの2つの訓練所が使用されていたそうです(現在は広尾訓練所はなくなり、福島に二本松訓練所ができています)。1983年、駒ヶ根市は「駒ヶ根協力隊を育てる会」というものを駒ヶ根青年会議所が中心になって発足させました。市民がこのJICAボランティア事業に協力的に支援してくださっているのです。その気持ちの表れだと思うのが、駒ヶ根訓練所に続く道の名前です。「協力隊通り」と名付けてくださっています。

協力隊通りに咲く花々
  そんな駒ヶ根市のキャッチフレーズは「アルプスがふたつ映えるまち」ということで、東に南アルプス、西に中央アルプスが見えます。四季折々に山が衣替えしたり、花が咲き誇ったりするとても綺麗なまちです。もうすぐ桜の時期になります。花見客も多くなるそうですし、山開きがされると山に人の渋滞ができるそうです。
 また養命酒の工場もこの駒ヶ根にあります。養命酒は駒ヶ根でしか製造していないそうです。「ハーブの恵み」という新しいお酒も発売されたそうで、ぜひ飲んでみたいと思います。市民の健康や福祉、教育に力を入れている駒ヶ根市にぴったりの健康を提供する「養命酒製造株式会社」。ぜひ訪れてみたいものです。
 しかし、勉強が最優先であることは言うまでもなく。今晩は、今日まとめた単語帳の単語を覚えていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿