理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊  体験談&説明会
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2011年6月8日水曜日

駒ヶ根での最後の夜

皆、各々の道へ
 2日前にあった語学の最終試験の結果が返ってきました。スペイン語はみな合格したようです。本当に良かったです。苦楽を共にしたスペイン語の仲間が無事、派遣前訓練を修了し、任国へ行けることを非常にうれしく思います。お互い協力し合ってきたからこそ乗り越えることができた65日間だったと思います。みんなありがとう!
 最後の夜は、近くのホテルの宴会場を借りて、最後の宴会を行いました。みな思い出に記念撮影を撮り続けていました。私はと言うと、カメラの充電器を自宅に今日の夕方送ってしまったので、明日の壮行会のためにカメラは使わずにいました。でも人のカメラでいろいろ撮ってもらいました。いただく機会があればその写真、もらおうと思います。
 部屋にはもう必要最低限のものしか残っていません。勉強道具も送ってしまいました。後は明日、支えてくれた仲間、スタッフ、地域に感謝をして大阪に帰るだけです。2年後、みながまた元気な姿で出会えることを祈りながら、最後の夜は更けていくと思います。

2 件のコメント:

  1. katabira no tsujiさん
    無事、大阪に帰ってきました。実家に帰るとネット環境がなく、長野よりも逆に不便に感じてしまいました。笑

    返信削除